矯正歯科、歯列矯正ならアルデブランデンタルクリニック神戸三宮院

BLOG
矯正歯科ブログ

こんにちは。
アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院の院長 釜口です。

 

虫歯で歯を削った際に、削った箇所を補綴するのによく使用される、セラミックジルコニア
審美歯科治療で、銀歯や変色した歯を、白く美しい歯に改善する際にも、セラミックとジルコニアが活躍します。

 

セラミックとジルコニア、この2つの歯科素材の名前はよく耳にする機会があるかと思いますが、それぞれの特徴や性質、どのようなケースでセラミックを選ぶのか、ジルコニアを選ぶのかをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

 

今回は被せ物・詰め物治療、審美歯科や矯正歯科で活躍する、セラミックとジルコニアについて解説させて頂きます。
それぞれの特徴をしっかり理解する事で、ご自身に適した歯科素材を選択する事ができます。

 

セラミックとジルコニアの違いをご存じですか?

セラミックとは?

歯科治療で使用されるセラミックは、お茶碗などで使用される陶器です。
口の中で化学反応を起こさない、とても安定した材料です。
プラスチックなどに起こる変色や、銀歯などの金属が抱える歯ぐきの黒ずみ、金属アレルギーの問題がありません。

 

オールセラミックと呼ばれる歯科素材はその名のとおり、100%セラミック素材で作成されたものになります。
歯科素材の中でも最も美しく、適度な強度と柔らかさをもちます。
素材に透明感があり、表面もツルツルで汚れが付きにくいのも特徴です。

 

オールセラミックは色味の調整が可能です。
隣接する歯と色味を合わせる事で、人工歯という事を気づかれることはないでしょう。
それだけ自然に周りの歯に溶け込む事が可能な歯科素材です。

 

良い点が多いセラミックですが、少なからずデメリットもあり、それは強度です。
セラミックは陶器なので強い力や、瞬間的な力に弱く、噛み合わせの強い箇所に使用するときは割れたり欠けたりする可能性があります。

 

ジルコニアとは?

ジルコニアとは別名「人口ダイヤモンド」とも呼ばれる、非常に強度がある素材になります。
セラミック同様に金属アレルギーの心配がなく、身体への親和性も高い素材です。
強度が高いのでブリッジで被せ物を連結させる治療にも活躍します。

 

フルジルコニアと呼ばれる歯科素材は、100%ジルコニアを使用した歯科素材になります。
白い素材なので歯科素材として使用されることも多いですが、航空機や人工関節など、様々な現場で活躍する優れた素材です。

 

ジルコニアはセラミックに比べ強度では勝りますが、見た目に透明感がなく、審美性ではセラミックに劣ります。
色調も自由に調整ができないので、隣接する歯の色味に似た色のジルコニア素材を選択することになります。

 

セラミックとジルコニアの選び方

前述したとおり、セラミックとジルコニアにはそれぞれ特徴があり、見た目の審美性が必要な前歯部で噛み合わせが弱い箇所にはセラミックがお勧めです。
奥歯など強度が必要で噛み合わせが強い箇所にはジルコニアが最適と言えるでしょう。

 

分かりやすく言うと、見た目の審美性ならセラミック、強度ならジルコニアと言えます。
しかし、歯並びの状態や食いしばり、歯ぎしりがある人など、人によっての環境やライフスタイルによって適切な素材は変わってきます。

 

セラミック、ジルコニアの特性をしっかり理解し、歯科医師に現状を伝えて相談するのが、理想の補綴物を選択するのに1番の方法だと思われます。

 

セラミックとジルコニアの費用の違い

セラミックとジルコニアはどちらも自由診療になるので、患者さまの100%負担になります。
保険の素材と異なり高額と思われるかもしれません。

 

しかし、セラミックやジルコニアの寿命は約5~10年と言われており、長い目で見ると保険素材でやり直しの治療を繰り返すより、歯科医院への来院数も少なくなり、トータル的に費用を抑える事ができるケースもあります。

 

自由診療なので、歯科医院によって値段設定は多少異なりますが、セラミックが1本約10万円ほど、ジルコニアが1本約6~8万円ほどに設定している歯科医院が多いです。

 

ジルコニアセラミックについて

見た目の審美性ならセラミック、強度のジルコニアとご説明しましたが、この2つの素材それぞれの良い点をハイブリットさせた『ジルコニアセラミック』というものがあります。

 

ジルコニアセラミックとは、強度と美しさを兼ね揃えた歯科素材です。
オールセラミックのような美しい審美性を持ちながら、奥歯のような臼歯部にも使用できる強度を持っています。

 

審美目的で歯並びを改善したい、すきっ歯を改善したい、半永久的な歯の白さを手に入れたいと思いの方は、ジルコニアセラミックがお勧めです。

 

まとめ

セラミックやジルコニア、ジルコニアセラミックという素材は、あくまで患者さまの選択肢の一つです。
とにかく費用を安く済ませたいという方には、保険適用の硬質レジン(樹脂)や銀歯という選択肢もあります。

 

しかし、保険適用はあくまで最低限の治療になり、現時点で使用できる材料に制限があります。
耐久性や審美性、周囲の健康な歯を守りたいと考える治療に関しては、自由診療のセラミックやジルコニアを使用するのがお勧めです。

 

詰め物や被せ物は、数年間ずっとお口の中に入っているものになります。
それぞれの素材の特性である寿命や噛み合わせ、身体への親和性や周囲の歯との関係をしっかり考え、ご自身にとってどんな歯が良いか、どんな素材が向いているのか、歯科医師と相談してきめていく事をお勧めします。

 

 
 

神戸三宮の矯正歯科・審美歯科
アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院
歯科医師 釜口尚弘

 
 
 

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院 歯科医師 釜口尚弘
この記事を書いた歯科医師
アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院
歯科医師 釜口尚弘
 
矯正無料カウンセリングの詳細情報はこちら
お問い合わせ・無料相談のご予約
tel
078-393-4618

電話受付
平日 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 10:30~17:30
日曜 11:00~16:00

time
診療時間

平日 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 10:30~17:30
休診日 木曜・日曜(月1日診療あり)・祝日

web
24時間WEB予約
24時間受付のWEB予約

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮の設備紹介

矯正歯科・歯列矯正に関するよくある質問

矯正歯科ステーション

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院関連リンク