神戸の三宮で矯正歯科をお探しなら
アルデブラン・デンタルクリニック神戸三宮院

矯正歯科、歯列矯正ならアルデブランデンタルクリニック神戸三宮院

HALF LINGUAL
ハーフリンガル矯正
HOME  >  ハーフリンガル矯正
上は裏側矯正、下は表に白い装置
より目立たない矯正方法です
上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側にブラケットとワイヤーによる
矯正装置を装着する矯正方法です。
ハーフリンガル矯正は目立たない矯正治療方法です。
ハーフリンガル矯正とは?
笑ったときや会話をしているとき、上顎の歯が大きく目立ちます。
それに比べ下顎の歯はそれほど目立ちません。この特性を活かした矯正法です。
上顎には歯の裏側に矯正装置
上顎には裏側矯正

目立ちやすい上顎には歯の裏側矯正装置を装着します。話したり笑ったりするときに目立つ上の歯を裏側矯正にすることで、装置が見えることはほとんどありません。

下顎には目立ちにくい表側矯正
下顎には目立ちにくい表側矯正

違和感の感じやすい下顎には、透明のプラスチックと白いセラミック製のブラケット、白いワイヤーを装着し表側矯正でも目立たない工夫がされています。

費用を抑えて目立たない矯正
矯正中という事を周囲に知られたくない…
でも費用は抑えたいという方へお勧め

ハーフリンガル矯正は、上下顎を裏側矯正にするより費用が抑える事ができるのが最大のメリットです。
また、下顎には表側に白い矯正装置を装着するので、裏側よりかは舌に装置が当たる事もなく違和感が少なく済みます。

矯正無料カウンセリングの詳細情報はこちら
ハーフリンガル矯正のメリット
Merit.1
矯正治療中も目立ちにくい
矯正治療中も目立ちにくい

目立つ上の歯を裏側(リンガル)矯正にすることで、矯正中も装置が目立ちません。下の歯は矯正装置を表側につけるので、人目に触れるのは避けられませんが、透明のプラスチックや白いセラミック製のブラケット、白いワイヤーなどを使うことで、かなり目立たなく治療することができます。

Merit.2
上下の裏側矯正より割安
上下の裏側矯正より割安

下の歯は通常の表側矯正にしているので、上下の裏側矯正よりも費用を抑えることができます。

Merit.3
装着時の違和感が少ない
装着時の違和感が少ない

裏側矯正のデメリットは、舌が装置に当たるので、表側矯正と比べて違和感が大きいことです。ハーフリンガル矯正の場合、下の歯の装置が表側についているので、舌が触れる違和感を軽減できます。

Merit.4
発音への影響が少ない
発音への影響が少ない

裏側矯正では、舌が装置に触れるため、発音しにくくなる問題があり、慣れるまでに1週間から1ヶ月かかる場合もあります。ハーフリンガル矯正は、こうした話にくさや発音への影響が軽減されます。

Merit.5
装着中も口元が突出しない
装着中も口元が突出しない

上の歯を表側矯正にした場合には、歯を見せたときに装置が目立つだけでなく、口を閉じているときにも、上唇が盛り上がって見えてしまいます。ハーフリンガル矯正であれば、こうした口元の突出も避けることができます。

Merit.6
上の前歯を動かしやすい
上の前歯を動かしやすい

裏側矯正のメリットとして、前方に出た前歯を引っ張りやすいことが上げられます。ハーフリンガル矯正では、上の前歯が出ているといった症例などを改善しやすくなります。

Merit.7
舌癖に好影響を与えることも
舌癖に好影響を与えることも

上の前歯を舌で押すような癖がある人は出っ歯になりやすいものです。ハーフリンガル矯正では、上の歯の装置が舌に当たるので、自然とこうした舌癖が改善されやすくなり、舌が正しいポジション(舌先が上の前歯の少し手前に触れる位置)に収まるようになることもあります。

ハーフリンガル矯正のデメリット
表側矯正よりも割高
上下の歯を表側矯正にする場合と比べると、ハーフリンガル矯正の方が割高になります。
装着直後は多少違和感がある
上下表側矯正と比べると、上の歯は装置が舌側にあるので、口内に多少の違和感があります。
食べにくさや話しづらさもありますが、早い方ではおよそ1週間程度で慣れてくるものです。
噛み合わせを上げることが多い
裏側矯正の装置はちょうど歯と歯が当たる部分につくことが多く、たとえば前歯の裏などは下の歯がちょうど噛み合う部分なので、そのまま裏側矯正の装置はつけられません。そうした場合、上顎の奥歯や下顎の奥歯に噛み合わせを上げるためのプラスチック(コンポジットレジン)を貼ることが多いです。バイトアップのプラスチックをつけると、その間はやや辛抱が必要になります。バイトアップのプラスチックは3ヵ月~半年程度で、他の歯が当たってくると外せるようになることが多いです。
表側にも装置が付くことがある
奥歯の外側にはしばしば表側矯正のような装置がつくことがあります。犬歯の外側にも、歯と同じ色のプラスチックの突起をつけることがあります。前歯に金属がくることは無いものの、前歯に歯と同じ色のプラスチックのボタンをつけたり、奥歯の見えにくい部分に針金や装置をつけることが必要になってしまう場合もあります。
裏側矯正用ブラケットについて
当院では裏側矯正用装置として、クリッピーLを採用しております。
治療期間短縮が期待できるクリッピーLによる裏側矯正

自己結紮型舌側矯正装置(クリッピーL)は、ブラケットに特殊な金属製の蓋が装着された構造になっており、ワイヤーを固定するゴムが必要ありません。よって歯が移動する際の摩擦抵抗が非常に小さくなり、スムーズに歯が動くことから、従来と比較し、治療期間の短縮が期待できます。
また約1ヶ月毎の調整来院時に、ワイヤーをゴムで固定する作業が不要なため、治療時間短縮にもなり、長時間口を大きく開けつづける負担から解放されます。
もちろん、自己結紮型舌側矯正装置(クリッピーL)のブラケット自体は非常に小さく設計されているため、快適な裏側矯正治療を受けて頂けます。

ハーフリンガル矯正の料金
初診相談料・診察料・検査料・管理費

当院の矯正歯科は、必要な費用が矯正料金に含まれている分かりやすい料金形態です。

無料
ハーフリンガル矯正

目立つ上のみ裏側からの矯正。下は違和感が少ないように表側の歯列矯正。下の表側は目立ちにくい白いブラケットを使用します。

660,000円
矯正無料カウンセリングの詳細情報はこちら
お問い合わせ・無料相談のご予約
tel
078-393-4618

電話受付
月曜~木曜 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 11:00~16:00

time
診療時間

月曜~木曜 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 11:00~16:00
休診日 金曜・日曜・祝日

web
24時間WEB予約
24時間受付のWEB予約

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮の設備紹介

矯正歯科・歯列矯正に関するよくある質問

矯正歯科ステーション

インプラント特設サイト