神戸の三宮で矯正歯科をお探しなら
アルデブラン・デンタルクリニック神戸三宮院

矯正歯科、歯列矯正ならアルデブランデンタルクリニック神戸三宮院

SLEEP APNEA SYNDROME
睡眠時無呼吸症候群
HOME  >  睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群とは?
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は眠っている間に
呼吸が停止したり、弱くなったりする病気です。呼吸が止まると
血液中の酸素濃度が低下します。
10秒以上無呼吸や低呼吸が続く状態が1時間に5回以上認められ、
日中の眠気や中途覚醒、倦怠感などの症状がある場合に
睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
睡眠時無呼吸症候群の症状
睡眠時無呼吸症候群の症状①
周囲の方から
いびきを指摘される
睡眠時無呼吸症候群の症状②
夜間睡眠中によく
目が覚める

息苦しくなって目が覚める事もあります。

睡眠時無呼吸症候群の症状③
夜間睡眠中によく
目が覚める
睡眠時無呼吸症候群の症状④
日中に眠くなる
日本での潜在的な患者数は約300万人以上と推定されていますが、実際に治療している人は約2割程度です。
これは睡眠中に起こるため、気づきにくいのも一つの原因です。
重症のまま放置していると、低酸素によって脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や不整脈等が生じやすくなり突然死のリスクも高まります。
また低酸素と睡眠不足の影響からホルモンの働きが悪くなるため糖尿病や脂質異常症を引き起こす事もあります。
睡眠時無呼吸症候群の原因
肥満
肥満
骨格や年齢による筋力の衰え
骨格や年齢による筋力の衰え
口蓋扁桃、口蓋垂等の肥大
口蓋扁桃、口蓋垂等の肥大
睡眠時無呼吸症候群の治療
スリープスプリント
スリープスプリントと呼ばれる
マウスピースを使用する方法
CPAP(シーパップ)
CPAP(シーパップ)療法
持続陽圧呼吸法
スリープスプリント
扁桃腺や軟口蓋の肥大した部分を
外科的に切除する方法
歯科クリニックで行うのは『スリープスプリント』と呼ばれる
マウスピースを使用する治療になります。
スリープスプリントを装着する事によって、睡眠時無呼吸症候群の原因となる上気道を広げます。
スリープスプリントを装着すると下顎を前に出した状態にする事が出来ます。
それに合わせて舌も引き上げられ、舌の沈み込みを防止します。その結果気道が広がり、無呼吸が改善されます。
スリープスプリント作成料金
スリープスプリントの作成は医科で睡眠時無呼吸症と診断され、
紹介状を持参された場合健康保険の適応となります。
スリープスプリント

保険適応

約10,000円
サイレンサーSL

保険適応外

60,000円
税込66,000円
スリープスプリント作成の流れ
まずはご来院
STEP.1

内科にて検査診断書、紹介状をお持ちの上ご来院ください。(当院から提携クリニックへ紹介も可能です)

お口の状態の型取り
STEP.2

上下のお口の状態の型取りを行います。

下顎を前方に出した状態にて固定
STEP.3

口腔内にて下顎を前方に出した状態にて固定します。

スリープスプリント作成の注意事項
  • ・欠損歯が多い場合は適応出来ない場合がございます。
  • ・顎関節に症状がある方や、扁桃腺肥大のある方は治療出来ない場合がございます。
  • ・内科、呼吸器科等の診断書がない場合、保険外診療となります。
矯正無料カウンセリングの詳細情報はこちら
お問い合わせ・無料相談のご予約
tel
078-393-4618

電話受付
平日 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 11:00~16:00

time
診療時間

平日 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 11:00~16:00
休診日 木曜・日曜・祝日

web
24時間WEB予約
24時間受付のWEB予約

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮の設備紹介

矯正歯科・歯列矯正に関するよくある質問

矯正歯科ステーション

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院関連リンク