神戸の三宮で矯正歯科をお探しなら
アルデブラン・デンタルクリニック神戸三宮院

矯正歯科、歯列矯正ならアルデブランデンタルクリニック神戸三宮院

INFORMATION
お知らせ&矯正歯科ブログ

こんにちは。
アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院の院長 釜口です。

 

矯正治療をご検討の方で歯医者に相談に行った際、抜歯が必要と診断された方も多いと思います。
矯正治療なのに抜歯?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

ではなぜ、矯正治療なのに抜歯が必要なのか。
抜歯を行う理由を解説させて頂きます。

 

矯正治療で抜歯が必要な理由

 

矯正治療で抜歯が必要になる理由
歯のサイズが顎に比べて大きい

歯が並ぶスペースに対して、歯のサイズが大きい場合は歯が収まりきらずに、歯並びが凸凹した状態になってしまいます。
その状態で矯正治療を進めると、噛み合わせが悪くなるなど支障が出たりする可能性があります。

 

上下顎のずれが大きい場合

上下顎のずれが大きい場合、抜歯を行わずに矯正治療をすると噛み合わせや歯並びに問題が出てきます。
矯正治療を開始する前に、抜歯によってスペースを空けることで歯を移動させることができるます。

 

親知らずが歯並びに悪影響を及ぼしている

親知らずが歯並びに影響を与えている場合があります。
親知らずが生えている向きにより、隣の歯に力がかかったり歯並びに良くない影響を与えることがあります。将来的なリスクも考え、矯正治療を始める前に、影響が出そうな親知らずは抜歯を推奨する場合があります。親知らずの影響で歯並びが悪化してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

抜歯を行わずに矯正を行うデメリット
矯正治療の期間がかかってしまう

歯を動かすスペースが不十分な場合、出っ歯や受け口の場合、歯並びの改善が不十分になるケースがあります。
その場合は抜歯をしてから再治療となり、さらに余分に矯正治療の時間が必要になります。

 

奥歯の歯並び・噛み合わせが揃わない

歯が動くスペースが足りないことで、奥歯が斜めに倒れてしまい、噛み合わせに支障をきたしてしまうケースもあります。

 

前歯が前にでてきてしまう

前述の『奥歯の歯並びに影響がある』と同様に、前歯にも影響が出るケースもあります。
前歯の場合は、前歯が押し出され、前に突き出たように見えてしまうことがあります。

 

矯正治療は抜歯することでメリットが多い

矯正治療は歯を正しい位置に動かして、正常な歯並び・噛み合わせに改善する治療なので、歯が動くスペースが大切です。
正しい位置に歯を動かすためのスペースが十分にある場合、歯の動きもスムーズになり、歯並びも綺麗に改善され、噛み合わせもしっかり改善されます。

 

抜歯をすれば、矯正治療中の歯や歯茎に負担が少なく済みます。
矯正治療で抜歯が必要と診断された場合、『なぜ必要なのか?』『抜歯をすることによりどのようなメリットがあるのか?』を納得いくまで矯正医に質問をし、詳細に説明してもらいましょう。

 

 

まとめ

歯並びの矯正治療は、抜歯をしたほうが納得いく結果になるケースが多いです。
抜歯による痛みや、抜歯後の回復期間が必要などデメリットもありますが、抜歯を伴う矯正治療はそれ以上のメリットがあります。

 

矯正治療をご検討の方は、ご自身の場合は抜歯が必要なのか、まずは矯正相談にお気軽にお越しください。
丁寧にご説明させて頂きます。

 

 
 

神戸三宮の矯正歯科・審美歯科
アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院
院長 釜口 歯科医師

 
 
 

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院 歯科医師 釜口尚弘
この記事を書いた歯科医師
アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院
歯科医師 釜口尚弘
 
矯正無料カウンセリングの詳細情報はこちら
お問い合わせ・無料相談のご予約
tel
078-393-4618

電話受付
平日 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 10:30~17:30

time
診療時間

平日 10:30~13:00 / 14:30~19:30
土曜 10:30~17:30
休診日 木曜・日曜・祝日

web
24時間WEB予約
24時間受付のWEB予約

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮の設備紹介

矯正歯科・歯列矯正に関するよくある質問

矯正歯科ステーション

アルデブランデンタルクリニック神戸三宮院関連リンク